エネルギー小売事業者の皆様からのフィードバックに基づいた料金設定が当社の方針で、実にシンプルです。SaaS ソリューションのすべての機能と利点を、定額で低価格な初期費用と、お手頃な価格の定期的な利用料でお届けします。更に、定期的な利用料には上限が設定されているため、無制限に上昇することはありません。小売エネルギー管理スイート全製品の価格は、お客様のご希望に応じて、各製品毎、また複数の製品をまとめて設定することも可能です。

導入・統合・移行

初めにお支払いいただく定額の初期費用で導入、データ移行、初期統合の全てを提供しています。スコープを決定する短時間のセッションからスタートしますが、このセッションの料金は、契約が成立した場合には初期費用に組み込まれます。


各製品の料金体系

EOS — エナジーオペレーションシステム

請求管理、運用、顧客サービスのモジュールも毎月、メーター毎の料金設定です。当社の料金体系が他社と異なる点は、メーター数(需要家数)に応じた段階別の割引システムではなく、メーター数に比例してボリュームディスカウントが適用される点です。さらに、親会社傘下のグループ企業の全ビジネスユニットでの使用に段階的な割引システムが適用され、利用者数が50万件に達した時点で月極料金に上限が設定されます。 

ADM – アドバンスデータマネージメント

EDI と XML 市場データサービスは、送配電事業者毎の低額な初期設定費用とメーター毎の月額料金で料金が設定されています。当社の料金体系が他社と異なる点は、メーター数(需要家数)に応じた段階別の割引システムではなく、メーター数に比例してボリュームディスカウントが適用される点です。さらに、グループ企業内の全ビジネスユニットでの使用には段階的な割引システムが適用され、利用者数が50万件に達した時点で月極料金に上限が設定されます。

EDM—エグゼクティブデシジョンマネージメント

意思決定支援と分析モジュールは、処理する市場数、メーター数、ユーザー数に関わらず、定額の年間料金で用金が設定されています。

CMS— コモディティマネージメントシステム

コモディティマネージメントモジュールは、処理する市場数、メーター数、ユーザー数に関わらず、定額の年間料金で価格が設定されています。


技術

月極料金には、アプリケーションホスティング、データストレージ、障害復旧、定期保守の費用が含まれます。


サービスパック

まず、お客様の事業を支援する専任アカウントマネージャーを選任します。次に、年間サービスパックの契約を結ぶ前に、お客様が必要とする支援の程度を決定していただきます。尚、サービスパックの内容は毎年変更可能です。